アコギとクラシックギターの違い

みなさん、こんばんわ!
スタッフ兼ギター講師の小林です

さて、今日は題名の通り、アコースティックギター(以下アコギ)と
クラシックギターの違いについてお話ししようかと思います
※アコギは対象範囲が広いので、クラシックギターもアコギの一種
 と捉えることも出来ますが、ここでは分けて考えたいと思います。

さて、この両者の違いはなんといっても張られている弦の違いです。
アコギはスチール(金属)弦、クラシックギターはナイロン弦です。
(クラシックギターの弦は、昔は羊の腸『ガット』を使用していたので、
現在でも『ガットギター』と呼ばれることがあります。)
なので音にはかなりの違いがあり、ざっくり言うと、アコギは硬い音、
クラシックギターは柔らかい音がします。

そしてその弦の違いに付随して、以下のようにギター本体の仕様が異なってきます。

○ナイロン弦の方が弦が太いので、アコギよりクラシックギターのネックの方が太い。
○ブリッジへの弦の固定の仕方が違う。
(クラシックギターは直接弦を結ぶ。アコギは穴に入れた後、ブリッジピンでフタをする)
○ヘッドのペグの向きが違う。

等です。
ギターの各部分の名称は、下の画像を参考にしてください!


◆各部名称

そして一般的にクラシックギターの方が大きさがやや小ぶりです。
また、見た目では分かりませんがアコギの方には、鉄の弦で
引っ張られる張力に耐えるために、ネックに鉄の棒が仕込まれています!

さぁ、これで皆さんも違いが分かってきましたか?

後は実際に触れてみるのが理解の近道ですよ~、ウインズでは
どちらもご用意しておりますので、是非手にとってみてください!

さてさてそれでは今日は、

お客さまの声をご紹介いたします!(*^▽^*)

本日は、ギターコースを受講中の3名です♪



先生が自分のペースに合わせて進めてくれるので、焦らずじっくりレッスンできるのが良いです!

楽しく、雰囲気がとてもリラックスできるので、通うのが毎回楽しみです。

豊島区:30代会社員
コース:エレキギター
現在:仕事が休みの日に習っている
目標:好きな曲を沢山弾けるようになりたい!


 
初心者だった私も、今では大好きなバンドの曲が弾けるようになりました!


文化祭でライブできるようになったし、バンド仲間もいっぱいできて嬉しい!


板橋区:10代学生
コース:エレキギター
現在:学校の軽音部でバンドを組み、活動中
目標:夢はガールズバンドでメジャーデビュー!

 



先生が明るくて面白いので、まるで友達の家に来ているような感覚です!


毎回手作りの楽譜を書いて教えてくれるので、とても分かりやすいです!


飯能市:20代会社員
コース:アコースティックギター
現在:仕事帰りに習っている
目標:自分で作曲、アレンジができるようになりたい!

ウインズミュージックスクールは東池袋駅から徒歩3分でアクセスが便利なので、お仕事帰りに、学校帰りにお気軽にお越しいただけます♪

ちなみに池袋駅からも徒歩7分です!道はまっすぐ。意外に近いと評判です☆

ボイトレコース(ボイストレーニングコース)、ピアノコース、ギターコース、サックスコース、バイオリンコース、作曲/DTMコースの6種類のコースをご自由にお選びいただけます☆

初心者の方から経験者の方まで、幅広いニーズにお応えします!

もっと詳しく知りたい方は、
ームページ
をご覧ください!(*^▽^*)

池袋の音楽教室、ウインズミュージックスクールの無料体験レッスンお申込みはこちらから♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA