梅雨と楽器

皆さまこんにちは。岩﨑です。

皆さま、この梅雨の時期を如何お過ごしでしょうか。今年は梅雨が長いと思いませんか?私は長いと思います。
梅雨は湿気が多く、髪の毛が爆発して前髪がきまらなくなるので、例年この時期は髪の毛を切らないと決めているのですが、今年は梅雨明けの兆しが見えないので思い立って切ってしまいました。いつになったら明けるのでしょうか。はやく明けてほしいです。髪の毛がまとまる魔法が使えればいいんですけどね。

さて、私の髪の毛も爆発しているこの湿度の高い日々、もちろん人間にも影響はございますが、楽器にとっても大きな影響となることがございます。
私は三味線を習っているのですが、三味線は胴に猫、もしくは犬を(最近ではカンガルーなんかも!)張ります。そのため、あまりに湿度の高い日が続きますと、皮が緩んだり、歪んで破けてしまうことがございます。
ちなみに三味線は絹糸を張りますので、糸も湿気でぶちぶちと切れていきます。
弦楽器全般として、湿気は弦が狂う原因となりますので、私の髪の毛にとっても湿気は大敵ですが、楽器にとっても大敵、ということです。
ピアノなんかも、湿度は大敵ですね。音が狂ってしまうため、自宅のピアノの部屋はいつも調湿剤が欠かせません。湿度は55%くらいに保てると理想的だそうです。

皆さまも、ご自身の楽器や置き場所の湿度管理を、とくに梅雨には、欠かさないように心がけてみてください。調律代やメンテナンス代が浮く、なんてこともあったりなかったりするかもしれません。

楽器のことはさておき、私の髪の毛の爆発をとめる素晴らしいトリートメントをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教えください。傷みにくいまとめ髪用スタイリング剤とかも大歓迎です。

岩﨑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA